master_kouroan のすべての投稿

茶碗が!

割ってしましました。

皐盧庵茶舗オリジナル鳥獣戯画抹茶碗。

開店の時に作っていただいたお気に入りの初号機だったのに…

割ったときは忙しかったのでさっと片付けましたが、
今頃になってじわじわと寂寥感が。

このまま捨てるにはもったいないというか忍びない。

こうなったら継ぐしかない!
漆と金で金継ぎをすることにしてこれから金継ぎを勉強します。

茶碗が!
茶碗が!

お茶の淹れ方(第1回 お茶の保存)

お茶の淹れ方が難しい、うまく淹れられない。

こんなお話をよく耳にします。

正直なところ、毎回同じように美味しくお茶を淹れるということはお茶を生業にしている私でも難しいです。

お茶を淹れるというのは料理や習い事と同じで慣れ、学習、習得が必要です。

一つの例外はいい材料(お茶の葉)を手にいれることです。
これなら熱湯で淹れても美味しいはずです。

美味しいお茶を楽しんでいただくためにまずはお茶の保存についてお話ししましょう。

さてお茶は乾物ですので湿気を嫌います。
買ってきたときは密封され窒素や脱酸素材などが入っていますが開封すると空気中の湿気を吸います。

湿気を吸うとお茶は質が落ちていきます。
まずは保存に気を使い、密封を心がけることが大事です。
最近のお茶はアルミパックに入っていることが多いので使ったら空気を抜いてシーラーで圧着するのが一番です。

そして冷蔵庫で保存します。冷蔵庫は食品の香りの宝庫です。
お茶はその食品の香りを吸い込んでしまいますので、ジップロックのようなものに入れてしっかり封をするのがいいでしょう。
もちろん茶缶でもよいのですが、最近の茶缶はかしめているだけなのですき間から匂いや湿気を吸うかもしれませんので注意が必要です。

では冷凍庫は?
未開封であれば冷凍庫もよいでしょう。ただし、開封するときは常温に戻してからにしましょう。
冷凍庫もにおいがないわけではないので念のためジップロックに入れるのがよいでしょう。

まとめ
温度管理が大事(冷蔵庫保存が基本)
湿気は大敵 ジップロックまたはシーラー
におい移りに注意

最後に。
開封したら早めに飲みましょう。

開店3周年御礼

3年前の日、皐盧庵茶舗は開店しました。

3年を通過することができましたこと、皆様に御礼申し上げます。

今日はすこし自慢をさせてください。

一、皐盧庵でお茶を飲んでいただいたお客様のほとんどが「また来ます!」と言ってくださいます。(これが一番の自慢です)

一、お茶会などで偶然一緒の席になったお客様同士が終わる頃にはとっても仲良くなっていたりします。(まさに一期一会)

一、皐盧庵のお茶の質は年々良くなっています!(少しだけお茶のことがわかってきたのかもしれません)

一、売上も年々上がっています。(最初が底だったので)

一、ご近所の方に何の店か認知してもらえるようになりました!

 

さて、

京都にお越しになった方に京都らしい体験をしていただきたい、農家が丹精込めて作った本物のお茶を楽しんでいただきたいとの思いから店を開けましたが開店当初はなかなか思うようにはいきませんでした。(今も決して順風にいっているわけではありませんが…)

1年目は1週間ずっとお客様が来ない日もありましたし、お客さまに来ていただくためにはもっと価格や敷居を低くして今風のカフェにするべきかとも考えました。

幸い私の不埒な揺れは揺れるたびごとに周りの皆様に一蹴され、3年目にしてようやくこれでいいと思えるようになりました。

おかげさまで今年はじめて大徳寺のお茶会でお茶を使っていただくこともできました。

多くの外国人のお客様にお茶を提供できる栄誉にも預かっています。

少しずつですが近所の方にもお茶をお買い求めいただくこともできるようになりました。

なにもかもすべてまだまだですが、3年の間に少しだけ前に進むことができました。

IMG_5007

また新たな気持ちでスタートを切るためにのれんを新調しました。

今後とも皐盧庵茶舗をよろしくおねがいいたします。

 

 

 

 

 

 

 

熊に遭遇!

個人的なお話で恐縮ですが、夏休みの旅行中に熊に遭遇しました。近所ではありませんので念のため。

遭遇したのはツキノワグマの親子でした。

旅館から露天風呂に行こうと外に出たところ2メートルほど先に熊が現れたのでした。

母熊も最初は小熊かと思うほどに小さく、小熊はぬいぐるみのように小さくてかわいかったのであまり恐怖は感じなかったのですが、タイミングが悪ければ大けがをしていたかもしれません。

畑では鹿、イノシシ、猿、たぬきには会うことはよくありますが、熊に出会ったことはありません。

ですのでいつも何気なく畑仕事をしていますが、機械を使わないときはラジオや音のなるものを用意しておいた方がよいのかもしれません。

 

 

 

講座を開きます。 於:京都新聞文化センター

IMG_4513

京都新聞文化センターにおきまして講座を開くことになりました。

茶香服(ちゃかぶき)は飲んだお茶を当てる遊びです。日本茶の淹れ方を一緒に学んでいく上で飽きずに、しかも上達にはそれなりの時間を要するものをと思い、茶香服を選びました。

6回程の講座ですが、繰り返し行いますので続けていればどんどん上達していきます。

お茶の種類だけでなく、栽培方法、産地、地質、気候、摘採時期、好みなどお茶の世界はまだまだ奥が深く、鑑定方法、善し悪しなどワインのように統計だてたものがありません。

講座にお越しのみなさまと一緒にお茶について少し知って頂ければと思います。

 

 

 

オンラインストアリニューアル!

オンラインストアリニューアル!

ウェブショップをリニューアルしました。

変わった点は
1 すべての商品をオンラインでお買い求めできるようになりました。

2 決済にクレジットカードもご利用できるようにしました。

3 送料をできるだけ抑えました。

リニューアルを記念しまして、オンラインショップでお買い求めのお客様先着10名様に皐盧庵オリジナル手ぬぐいをプレゼントいたします。

ショップページをご覧頂いてご感想(見やすさ、使いやすさ、不具合なども含めて)を頂いた方から抽選で5名様に無農薬煎茶50gを差し上げます。

ご感想は皐盧庵茶舗へメッセージまたはメール(info@kouroan.com)
にてお願いいたします。

スクリーンショット 2014-08-15 16.12.41

http://shop.kouroan.com

BGM

こんにちは、店主です。

さて、現在茶房では夏のメニューの準備をしております。

あんみつ、抹茶わらび餅、そして抹茶と紅茶のソフトクリームなど。

もう少しだけお待ちいただきますようにお願いいたします。

 

 

さて、ここから本題。

茶房では現在音楽はかけていません。

開店当初は何か物足りない気がして音楽をかけたりしていた時期もありました。

 

今思えば自分の作るお茶に自信がなく、

音楽で補おうとしていたのかもしれません。

 

今では少しだけお茶に自信が持てるようになり、

お茶と店の雰囲気だけで十分だと思えるようになったのかもしれません。

 

でも雨の日が続くとたまに音楽などかけたりしています。

雨の音と音楽が重なって少し雰囲気が変わったりするのです。

皐盧庵茶会日記

2014年6月21日(土)くもり

少し蒸し暑く感じる日でした。

このお茶会はお越しいただいたお客様のおかげで笑顔の絶えないとても素敵なお茶会となりました。

会記

 

1席目は慌ただしくしていたので写真を撮るのを失念していました。すいません。

 

2席目では写真もばっちり撮らせていただきました。IMG_4236

 

 

IMG_4235

席に余裕がありましたので店の前に飛び入りでもご参加いただけますとの張り紙をしたところ、3名のお客様にご参加いただきました。ありがとうございます。

さて、お菓子は前日の打ち合わせのときに船屋秋月のご主人に無茶ぶりをしてその日の早朝に考えついたという、銘「雨あがり」

IMG_4237

 

前日に見た掛け物を4時頃思い出し、そこから思いついたそうです。

IMG_4241

 

抹茶は今回はベースに濃茶用「夕霧」を用い、今年摘んだお茶をブレンドした特別仕様でした。

茶室でお抹茶を召し上がっていただいた後は別室にて新茶の「宇治煎茶」と「無農薬 宇治煎茶」を召し上がっていただきながらゆっくりとしていただくという趣向でした。

陶芸家とその弟子たちが道具を作り、お茶屋が当日の朝抹茶を挽き、お菓子屋がその日のために早朝よりお菓子を作る。

作った本人たちがその場にいるのでよもやま話から専門的な話まで聞くことができる。

こんなお茶会をしています。

お客様にこんなに楽しいお茶会はひさしぶりだったというお声を頂き大変うれしくとても晴れやかな心持ちがいたします。

これからもこのようなお茶会が続けていければと身が引き締まる思いがいたします。

 

 

お茶会 ちょっと種明かし

明後日に開催予定の皐盧庵茶会。

すべてを話してしまうと楽しみが半減してしまうので少しだけ情報を。

お軸などのお道具は我が陶芸の師、泥舟先生の所蔵品からなにやら本阿弥某のものが出てくるとか。

茶碗は先生のもの、そして我ら紫野侘び茶陶芸研究所;通称CB会)の面々が今年作陶したものをお出しします。

お菓子もわが陶芸教室(紫野侘び茶陶芸研究所;通称CB会)の仲間である船屋秋月の坂井さんが特別なものを用意してくれるとか。(本人も当日おられるのでお菓子のお話をお伺いすることもできます)

お茶はもちろんこの日のために用意した特別な抹茶を当日の朝に挽きます。

名品は少ないかもしれません。

が、お茶屋がその場でお茶を用意し、お菓子屋がその場でお菓子を用意し、陶芸家と弟子たちが作陶た道具でお茶会をする。

お点前はもちろん先生を筆頭に作陶した面々です。

こんなお茶会なかなかお目にかかることはないと思うのですがいかがでしょうか。